1. IC・KS『ほんとの話』
  2. 資格取得で広がる自分の可能性

IC・KS『ほんとの話』

資格取得で広がる自分の可能性 2018/09/11 講師/キッチンスペシャリスト 塚本 英代さん

インテリアの資格スクール「HIPS」での講座をはじめ、セミナー講師として幅広く活躍中の塚本英代さん。キッチンスペシャリスト(以下KS)資格の受験勉強中は、移動中でも勉強できるようにと問題集を章ごとに切り取って持ち歩くなど、スキマ時間を上手に活用していたそうです。30分の1方眼紙を用いて図面が書けるようになった日の感動は今でも忘れないそう。「講師として“伝える”仕事がしたかった。」という塚本さんにKS資格の魅力について、お話を伺いました。(ライター談)

Chapter.1 複数の資格で得た視点を活かす!

KSを目指したきっかけは?
以前建築会社に勤めていた頃、「仕事に役立つ専門的な知識を身につけたい」と考えたのがきっかけです。「図面を引いたことがないなら、ICよりも先にキッチンに空間が限定されるKSから勉強したほうがやりやすいよ」と知人からのアドバイスでKSを取ることにしました。仕事や子育ての都合からスクールには通えず、学科対策はHIPSの問題集を使って独学で勉強し、実技対策は知人の資格者に教えてもらいました。「試験に合格したい」という思いはもちろんありましたが、それ以上に内容が面白くて仕方なかったです。勉強するまではわからなかったのですが、普段使っているキッチンがどういう意図でプランニングされているのかなど、新しい気づきが次々とありました。ボロボロになった問題集は今でも大切に持っていて、何かを確認したいときに使っています。
ほかにも関連する資格をお持ちですか?
KSのほか、整理収納アドバイザー、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーターなどの住関連資格を取得しました。複数の資格を取得したのは、提案するために何の資格を取ったらお客様に喜ばれるのか考えた結果です。

住まいの提案をするときに欠かせないのは、豊かな想像力、視点です。いくら便利な引き出しでも、使いこなせない場所にあったら意味がないですし、美しいキッチンも暮らす人がリラックスできなければ快適とはいえません。実際にどんなシーンで、何人で、どのような動線で、何歳ぐらいの人が、という要素を考え、経験や想像力を発揮してベストとなり得る提案をすることがプロには求められます。一つの方法ではありましたが、私は複数の資格の取得を通じて、異なった視点を持てるようになったと思います。

資格を取得して、ご自身に変化はありましたか?
大袈裟ではなく、資格を取って人生が変わったと思います。取得後はセミナー講師の依頼などもいただけるようになりました。自分の可能性がぐっと広がったと感じています。
一方で、資格さえあれば仕事がうまくいく訳ではありません。私も「この資格を使って自分に何ができるのか」と、常に考えています。たとえばキッチンに関していえば、KS資格がなくてもお客様への提案はできますが、基本的な知識が身についていないと、結局自己流の提案に陥りがちという面はあると思います。オリジナルの部分は大切にしながらも根拠のある提案ができるというのは、やはりKS資格の勉強をしてきたからだと思います。

Chapter02 「命をつなぐ場所=キッチン」を提案する

KSの魅力とは?
キッチンの提案には、調理器具の収納方法や作業動線など、見た目の美しさだけでなく使いやすさを考慮する必要があります。ストレスなく調理できる空間という生活者の立場に立った提案ができるのは、やはりKSならでは。消防法などの関連法規も勉強する必要があり、大切なことがたくさん詰まっているなと感じています。キッチンは人が生きていくのに欠かせない「食」を支える、命をつないでいく場所です。それを生活者の皆さんにプロとして提案できるのが、KSの仕事の魅力なのではないでしょうか。

Chapter03 受講者のニーズに合わせた分かりやすい講座を…

担当されている講座について教えてください
HIPSでは、整理収納アドバイザー2級の資格取得講座や、キッチンの使い方提案術講座、セミナーやプレゼンテーションの実践講座などを行っています。資格を取ってプロを目指したいという人から、主婦、インテリア業界で働く人まで、さまざまな方が受講してくださっています。とくに実践講座は、建築会社や住宅設備メーカーで働く方が多く受講されており、企業の研修の一環として活用していただくケースも多いです。
講座で心がけていることは?
実際の事例や失敗談などを交え、分かりやすい講座を心がけています。受講中の皆さんの反応を見て、「少し難しそうだな」と思ったらもう一度詳しく説明するなど、分からないことがそのままにならないように工夫しています。重視するのは「受講者の皆さんが何を知りたがっているか」。事務局とも相談しながらニーズに合わせた講座を企画して受講生を支援しています。

ある1日のスケジュール

午前11:30
移動。電車の中で資料の確認や修正
WORK
午後1:00
講義
WORK
午後4:00
打ち合わせ
WORK
午後5:00
帰宅。電車の中で読書や
インターネットでの情報収集
※ 早朝や夜、資料の作成・確認作業などを行うことも
PRIVATE

プロフィール

塚本 英代 さん

講師/キッチンスペシャリスト

インテリア資格スクール「HIPS」にて、整理収納アドバイザー認定講座などの講師を務める。また、住宅設備会社や建築会社向けに数多くセミナーを行うほか、個人宅のお片付け個別カウンセリングや作業を含めた提案を行っている。

http://www.ho-ha-ba.com

会員企業ご紹介

インテリアスクール・HIPS(ハウジングエージェンシー)

「住宅関連業界の活性化」を一貫したテーマにして、コンサルティング、出版、教育などの事業を展開。キッチンスペシャリスト資格対策として通信講座・模擬試験の開催、過去問題集の発行を行っている。また、その他の住関連資格・スキルアップ講座においても豊富なラインナップを用意している。

https://www.housing-a.co.jp/dec/

この記事を
5段階評価して下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Page Top