平成29年度 住まいのインテリアコーディネーションコンテスト

主催:公益社団法人インテリア産業協会 後援:経済産業省

平成29年度 住まいのインテリアコーディネーションコンテストについて

本コンテストでは、ライフスタイルへの洞察に溢れ、時代性を上手に取り込んだ インテリアコーディネーションを表彰します。施工事例、スタイリング事例を対象とする「事例分野」、自由な発想の広がりを期待する「課題分野」の2分野で募集します。

応募テーマ

1.事例分野

  • 新築部門(一戸建て、集合住宅)
    新築住宅でのインテリアの事例とします。
  • リフォーム部門(一戸建て、集合住宅)
    住宅のリフォームにおけるインテリアの事例とします。
  • スタイリング部門(居室や部分的なシーン)
    住宅のインテリアで、居室のみや部分的なシーンのインテリア提案とします。
    小規模な模様替えのアイデアや、DIY的な事例も可とします。

※ 事例分野への応募は平成27年11月1日から平成29年10月末日までに竣工したものに限る。

2.課題分野

  • A部門「私だけのインテリア空間」
    下記の図に示した立体を「一個づつ組み合わせた空間」を設定し、「私だけのインテリア空間」を作品にして提案して下さい。
    2個の立体のつながり方、外部との関係等は自由に設定してかまいませんが、提案される空間全体は一体となって繋がっているものとします。

  • 課題図



  • B部門「窓を活かしたユニークなリビング空間」
    窓は住空間の重要な要素です。既成概念にとらわれない新しい窓を想定したインテリア、自由な発想で窓を活かした室内等々、ユニークなインテリア空間を提案して下さい。住居図面の指定はなく、クライアントや空間の想定は自由としますが、テーマカラーを一色設定し明示して下さい。また、実際に施工された実例の応募も可とします。

応募資格

日本国内に在住もしくは拠点を持ち、日本語での各種連絡に支障がない方であれば、どなたでも応募できます。応募作品が、本コンテストの審査以前に、他の類似するコンテスト等に入賞、あるいは雑誌その他媒体で公表された場合は審査の対象外となる場合があります。応募作品点数の制限はありませんが、応募用紙は作品毎に必要です。

審査委員等(敬称略)

  • 山田 智稔(相模女子大学名誉教授)
  • 池田 和修((公社)日本インテリアデザイナー協会理事長 インテリアコーディネーター)
  • インテリアコーディネーター等実務者(3名)

オブザーバー(予定)

  • 杉浦 宏美(経済産業省 製造産業局 生活製品課 住宅産業室長)
  • 渋谷 忠彦(公益社団法人インテリア産業協会会長)

審査のための評価項目

  1. 課題に即した提案力
  2. 居住性(居住空間としての住み心地等に関する評価)
  3. 独創性(コーディネート手法の独自性、創意工夫等への評価)
  4. 機能性(住空間における機能面等に関する評価)
  5. 審美性(トータルな調和等への評価)
  6. 表現力(プレゼンボードの表現技法等に関する評価)

応募方法

以下の手順に従い、応募作品(ボード)を指定先に期日までに送付ください。

応募の事前登録と応募用紙のダウンロード

  • 最初にホームページで応募者情報を登録してください。登録番号が自動発行されます。
  • 登録はこちら
    登録受付期間:2017年11月15日(水)まで
  • 専用の応募用紙をホームページからダウンロードしてA4サイズにプリントして下さい。
  • 応募用紙ダウンロード(PDF)

応募の事前登録と応募用紙のダウンロード

応募できる作品(ボード)のサイズは以下とします。

  • 事例分野の新築部門、リフォーム部門、および課題部門はB2サイズ (728×515)1mm 厚程度の紙やボード類 (送付時は二つ折りのB3サイズで可)
  • 事例分野のスタイリング部門
    B3サイズ(515×364)1mm 厚程度の紙やボード類、内容は一つの居室のシーンに限りますので、メインとなる写真一点を大きく表示ください。複数の居室のシーンを提案する場合は別の応募案としてボードを作成し応募下さい。

作品に表現されるべき必要事項

  • タイトル(15文字以内に厳守下さい)
  • 提案するインテリア空間やコーディネーションの表現
    • 以下を用いてコーディネーションの意図を表現すること。
    • 1)縮尺・寸法表記のある平面図、展開図等(必須)
    • 2)スケッチ、パース、写真
    • 3)カラースキーム等
    • 表現の方法は自由とします。
  • クライアントの要望、または条件等
    (課題分野の場合は選択した課題から、自由に設定してください)
  • コンセプト(100~200文字以内)
  • 主たるインテリアエレメントのリスト(商品名、仕様、メーカー等)
  • 概算予算

※応募用紙の貼り付け
ダウンロードした応募用紙に必要事項を記入後、作品裏面に貼付けてください。
(事前登録時に発行された登録番号を必ず記入してください)

作品の提出

作品は郵送もしくは宅配便にて指定先に送付してください。

  • B2サイズ(事例分野の新築部門、リフォーム部門、および課題部門)は二つ折りのB3サイズも可とします。
  • 指定先への持込み、バイク便等は受け付けません。

事例分野、課題分野の作品受付期間

2017年11月1日(水)~11月15日(水)必着

作品送付先および問合せ先

  • 〒110-0005
  • 東京都台東区上野5-3-4-4F(JDN内)
  • 住まいのインテリアコーディネーションコンテスト係
  • interior_h29@japandesign.ne.jp

審査結果の発表

2017年12月末頃、主催者ホームページにて行います。

表彰(予定)

  • 経済産業大臣賞(事例分野から選出)…(賞状および協会副賞50万円)/1点
  • 製造産業局長賞(課題分野から選出)…(賞状および協会副賞40万円)/1点

(以下、両分野から選出)

  • インテリア産業協会会長賞…(賞状および協会副賞30万円)/2点
  • 部門賞…(賞状および協会副賞10万円)/5点
  • 優秀賞…(賞状および協会副賞5万円)/5点
  • 特別審査員賞…(賞状および協会副賞5万円)/3点

著作権、個人情報等に関する留意事項

  1. 作品に貼付する商品写真、室内写真、図書図版等を使用する場合は、著作権者、所有者の承諾を得たものに限ります。応募作品の展示や刊行物に発表する権利は当協会が保有します。後日、当協会ホームページや展示会等で公表します。
  2. 本コンテストのために提出された個人情報は、すべて、本コンテスト及び展示に関する連絡、質問への回答と結果通知・公表のみに利用します。
  3. 個人情報は、当協会及び当協会が選定した協力会社に提供します。本コンテストの結果に含まれる限定的な個人情報の公表を除き、個人情報は、同意なく上記以外の第三者に提供しません。
  4. 提出方法が守られていない場合は、応募は無効となります。提出先へ直接の作品持ち込みは受付致しません。
  5. 作品の到着及び受付の確認に関する問い合わせはご遠慮下さい。
  6. 審査結果については、入賞者のみにご連絡致します。
  7. 未成年の方については、受賞した場合に親権者の同意書が必要となります。
  8. 応募作品は返却しません。
  9. 応募にかかる費用は応募者の負担になります。

個人情報の取り扱いについて