もっとインテリア

“インテリア”をKeyWordに
もっと学ぼう・教えよう・体験しよう・知ろう・楽しもうを
色々な角度から掘り下げて、インテリアの魅力をご紹介いたします。

Interior in the Novel 小説の中のインテリア

「赤毛のアン」にあこがれて

心の中のアンを満たす部屋

さて、この夢がいっぱいの赤毛のアンの世界を表現するインテリアとはどのようなものでしょう。エレガントなコーディネートに定評のある竹内久美子ICにご提案いただきました。

コンセプト
  • 今回の主人公は、赤毛のアンの世界にあこがれる、社会人3年目の実家暮らしのOLさん。
  • 子供の頃に読んだ赤毛のアンが大好きで、今年のボーナスでお母さんと2人、プリンスエドワード島へ旅行に行きました。
  • もともとお母さんは庭いじりが大好きで、庭の花でドライフラワー・リースポプリなどを作るのが得意です。また、洋裁もかなりの腕前。
  • そんな影響や旅行での盛り上がりから、自分の部屋を自分らしい赤毛のアンの世界にチョコッとリフォームすることにしました。
  • 写真:グリーンゲーブルズ
  • 写真:アンの部屋
  • プリンスエドワード島には実際の小説の中のアンの部屋が再現されています。しかし、今回は小説が書かれた時代やエピソードを雰囲気として残しつつ、20代の自分に合ったインテリアにしました。
Plan プラン
プラン間取図
  • 棚(コベントガーデンで購入)
  • ベッド(カバーを手作り)
  • ウォールコレクションフレーム(コベントガーデンで購入)
  • チェア(カバーを手作り)
  • ドレッサー(オリバーで購入)
  • テーブルランプ(ワッツで購入)
実家の自分の部屋をちょこっとリフォームなのね!

具体的な提案を見てみましょう!まずは家具から

  • 小説の中のインテリア
  • 『赤毛のアン』にあこがれて
  • アンのストーリーを思い出して
  • アンの物語をとりまくもの
  • 心の中のアンを満たす部屋
  • 心の中のアンを満たす部屋(家具)
  • 心の中のアンを満たす部屋(小物)
Page Top