TRY やってみようインテリア

収納家具を上手に使って暮らしすっきり!

仕分ける、見せる、隠す

それでは、限られた空間の中に収納家具を上手に取り入れ、
部屋をより広く、素敵で使いやすい空間にするにはどのようなものがあるのでしょうか。
今回は、仕分けたものを上手に片付けるIC今泉さんの技あり「機能的収納」についてと、
美しく「魅せる収納」、居住空間に同化させて上手に「隠す収納」 に分けてご紹介します。

ワンルームマンションの造作家具収納

スペースの限られたワンルームマンションは、生活スタイルにマッチさせた造作家具が効果的です。
壁面に設置したミラーも、部屋を広く見せてくれます。

写真:キッチン引出収納 写真:リビング

機能的収納・・・収納の小ワザ

写真:玄関収納 写真:玄関収納

玄関収納スペースは有効に使うと室内の煩雑さが軽減します。
郵便物・宅配の品などはここで区分し、常用コートや靴・傘・帽子・宅配用印鑑・外部掃除用具・古新聞・鍵・レジャー用品等の置場にいいでしょう。

玄関はお客様を迎える大切な顔なので、モノに占領されないようにすることが一番です。
季節を演出できるスペースを設けて、お客様を心地よく迎え入れる空間にしましょう。

  • 写真:洗面所収納

    洗面所やトイレ・サニタリーは生活感が顕著に出てしまう箇所なので来客時に隠す収納を上手に使える工夫をしましょう。

  • 写真:チェスト

    収納ができるチェストはどこにでも置けて便利です。

  • 写真:和室下収納引出

    こんなところも収納スペースに!引き出しはとても便利です。くれぐれも前にはモノを置かないように。

納戸収納

部屋数に余裕があれば、思い切って1室を収納にしてみるのもいいでしょう。
納戸収納にするメリットは、収納家具にあまりお金をかけずにすむこと。
シェルフやクリアボックスで上手に分類ましょう。ネームプレート、ガムテープ等でラベリングし、家族誰でも判別できるように内容を記入しておきましょう。

納戸の中がぐちゃぐちゃではブラックホール化してしまいます。正しい収納計画は、収納が得意なインテリアコーディネーターに依頼してみるのも良いでしょう。

写真:納戸収納

魅せる収納・・・センスが命!

写真:魅せる(見せる)収納

魅(見)せる収納はセンスが大事です。センスを磨いておしゃれな収納をめざしましょう。また、人が集まる家は整理整頓が上手!周囲に得意な方いたらポイントを探ってみるのもいいでしょう。インテリアコーディネーターに具体的なアドバイスをもらうのもいいですね。

写真:魅せる(見せる)収納

隠す収納・・・記憶力との勝負!?

写真:洗面所 イラストで説明

収納スペースを節約するためには、衣服・タオル等は畳んだり、丸めたりしてしまうのがいいでしょう。
使いやすいように並べ方にもルールを決めましょう。
よく使うものは吊るす、など工夫をすると、使う時のストレスが軽減されます。

収納スペースに対して収納するモノの量を70〜80%程度におさめると、取り出しやすく効率的です。
衣服は季節ごとの適正な着数を把握することが大切。しまい込みすぎては、必要な時に出てこなくなってしまいます。

また、隠す収納には記憶力が必要です。クリアケースでも記憶があいまいとなってしまうもの。
他の家族にも判りやすいように、ラべリングをするとタイムロスがなくなります。

食品などは、購入日や開封日、賞味期限等を記入をしておくと便利!

ラベリングの工夫
  • 名前によるラベリング
  • デザインをそろえるときれい
  • イニシャルだけでもおしゃれに
  • 内容によるラベリング
  • 子ども向けにはイラストで分かりやすくするのもいい
写真:靴箱収納

靴の写真を撮って靴箱にラベリングしておけば中身を探しやすい。

上:軽いもの 真ん中:収納ゴールデンゾーン(使用頻度の高いもの) 下:重いもの

眼の高さから腰あたりまでが、
一番使いやすい位置(ゴールデンゾーン)ですので、うまく使いこなしましょう。

Page Top