LIFE ライフステージインテリア

ライフステージ 〜結婚〜

これから創ってゆくふたりのインテリア・・・日野 明野IC
  • DATA
  • 日野 明野さん
  • 結婚歴:1年未満
想い出を彩るふたりのインテリア・・・山本久美子IC
  • DATA
  • 山本久美子さん
  • 結婚歴:18年

想い出を彩る ふたりのインテリア

時を経るごとに味わい深くなる家具

写真:シック&エレガント

リビング 現在

インテリアの好みは年齢によって変わっていくものです。自宅も、モダン系⇒ナチュラル系⇒エスニック系など様々なスタイルに変わり、その都度、小物やラグ、カーテンなどでイメージを変えてきました。現在はシック&エレガントに落ち着いています。

シンプルさとナチュラルさが気に入り15 年ほど前に購入したAlfrex のダイニングテーブルセットとAV ボードは、現在チェアはありませんが、書斎と寝室に場所を変え、いまだ鎮座しています。
当初クリアーだった色は今では飴色に変わり、程好い風合いとなっています。

写真:Alfrex のダイニングテーブルセット&AV ボード

リビング 現在

写真:書斎

また、書斎に移ったダイニングテーブルには、黒の地模様のガラストップを載せることで、購入時とは違ったイメージになっています。

写真:黒の地模様のガラストップ

最近は低価格でも、デザインなどが良い商品も増えてきましたが、良い家具は時を経ると共に味が出てきますし、少しの工夫で雰囲気を変えることも出来るのでお勧めです。

またインテリア選びのコツとしては、まずは自分の好みのイメージを思い描くこと。そして、今欲しいイメージを色でつかむこと、です。モダンならばクール系の色。カジュアルであれば暖色系など。
全体のイメージが決まれば、今度は家具選びです。将来の家族構成を見込んで購入しますが、必要以上に大き目のサイズを選んでしまうと、部屋に収まりきらない事にもなるので、要注意です。必ず、事前に部屋・家具の寸法を確認します。
最後に基本色からカーテンやアート・小物などの挿し色を考えていきます。
ただ一つ大事なことは、「使い捨て」にならないような家具選びをするという事です。家具は家族と共に歳を重ね、傷も思い出となっていきますから。

ここ何年か、私の理想とするインテリアは「ヨーロッパのホテルライク」です。
一般の家庭では高級感を求めるのにも限界があり、なかなか取り入れるのは難しいところです。
家具以外でもシックな色味のカーテン、クッションカバーや小物などで雰囲気を近づけていきますが、一度に揃えるのではなく、生活しながら徐々に付け足していくようにしています。
私のインテリア選びのモットーとしては、慌てずに自分の好きな空間をイメージ⇒創っていくこと。楽しむこと。それが一番です。

写真:シックな色味のクッションカバー写真:シックな色味の小物
これから創ってゆく ふたりのインテリア…日野IC >>
Page Top