Ans. 答え

オーダーカーテンを注文する時に典型的なカーテン専門用語を知っているとよりカーテンのアレンジを楽しめます。
ここでは、「バランス」「スワッグ」「カスケード」という用語について説明します。

キングストンバランス

バランス

上飾りの総称。デザインでフラットやストレートの物、ギャザー・プリーツをあしらったもの、スワッグ&カスケード等に分けられます。

カーテンだけではなく、シェード、ブラインド、スクリーンと組み合わせ、見た目をよりデザイン的に装飾するために付けたりもします。

【ストレートバランス】ファブリックスをフラットでストレートにデザインした上飾り

【キングストンバランス】18世紀終わり頃の米国スタイルに基づいた上飾り

ジョージアンスワッグ

スワッグ

上飾りの一種でファブリックを自然なカーブで半円形に形付けた飾りのことです。

【オープンスワッグ】半円形の上部が空いた形のスワッグ

【ジョージアンスワッグ】18世紀英国スタイルに基づいた上飾り

カスケード

カスケード

カーテンの上飾りの両端に垂れ下がる幾重にもひだをおとした縁取りのことです。先に説明したスワッグと組み合わせ、スワッグの表、裏に縫いとめます(アメリカではスワッグ&カスケードと言います)。伝統的で優雅なイメージを表現できます。

回答者:インテリアコーディネーター 竹内久美子さん