経済産業省より「新型コロナウイルス変異株流行国・地域への新たな指定について」の周知依頼がありました。

4月28日、「新型コロナウイルス変異株流行国・地域」に現行の29カ国(※)に加え、

以下の国・地域を新たに指定する措置が公表されました。

(1)アメリカ(テネシー州、フロリダ州、ミシガン州、ミネソタ州)

(2)インド

(3)ペルー


(※)現行29か国

アイルランド、アラブ首長国連邦、イスラエル、イタリア、ウクライナ、英国、エストニ ア、

オーストリア、オランダ、カナダ(オンタリオ州)、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、

チェコ、デンマーク、ドイツ、ナイジェリア、パキスタン、ハンガリー、フィリピン、フィンランド、

ブラジル、フランス、ベルギー、ポーランド、南アフリカ共和国、ルクセンブルク、レバノン

変異株流行国・地域から入国・帰国する場合、出国前検査証明や誓約書の提出に加え、

検疫所が確保する宿泊施設での待機及び入国後3日目(入国した次の日を1日目として起算)の検査の実施が必要です。

入国後3日目の検査にて陰性と判定された場合、自宅等待機に移行し、

指定施設での待機と併せて14日間の待機を求められることとなります。

詳細は、以下の厚労省HPを御確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

なお、人の往来に関する制度全般に関しては以下のウェブサイトでも情報発信を行っております。

○外務省ウェブサイト

https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/cp/page22_003380.html

○経済産業省ウェブサイト

https://www.meti.go.jp/covid-19/ourai.html

【お問い合わせ先】

○厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)

日本国内から:0120-565-653

海外から:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)

○出入国在留管理庁(入国拒否、日本への再入国)

電話:(代表)03-3580-4111(内線4446、4447)

○外国人在留支援センター内外務省ビザ・インフォメーション

電話:0570-011000(ナビダイヤル:案内に従い、日本語の「1」を選んだ後、「5」を押してください。)

一部のIP 電話からは、03-5363-3013

ページトップへ