The 37th JAPANTEX2018 2018年11月20日(火)-22日(木) 東京ビックサイト

Windows Paradise 2018Windows Paradise 2018

国内最大級のインテリアファブリックスの祭典『JAPANTEX2018』。昨年に引き続き、今年も「Windows Paradise 2018」と題し、暮らしを豊かにする“窓”に注目。インテリアコーディネーターと窓装飾プランナーのダブルライセンスを持つ5人のエキスパート=「MADOWTSUKAI」達が、大家さんとそこに集まって暮らす人々の「多世代の住まいの物語」を展開しました。

INTERIOR MEETING in TOKYO 2018INTERIOR MEETING in TOKYO 2018

大家さんの部屋 静寂と機能のミックスローム大家さんの部屋 静寂と機能のミックスローム

この部屋にあるのは、単なる飾りとしてのインテリアではなく、全て生活のシーンに合わせて機能しているもの。その機能を彩るのは、オーセンティックなオリエンタルテイストです。また、ジョン・レノンへの敬愛の念を仏教や禅の思想で折り込みました。

林 準也

林 準也

有限会社ジェイ・ファブリック

住まう人の快適な生活を想像するため、想像力をフル活用し、窓装飾のみでなく住空間を総合的にデザインする。

Page Top

子育てママの部屋 笑顔があふれるCheerfulダイニング子育てママの部屋 笑顔があふれるCheerfulダイニング

ママのことが大好きな2人の子ども達に、毎日パワーをもらっているシングルマザーのチアフルルーム。子ども達の元気をイエローベース、母の女性らしさ・芯の強さをグレーベースのカラーコーディネートで表現しています。カワイイものに夢中な女の子達に、リボンとフリルをたくさん使ってお部屋をデコレーションしました。

髙橋 千鶴

髙橋 千鶴

有限会社インテリア桜庭

お客様のイメージ以上の仕上がりを目指し、窓にかかったカーテンを見るたびに思わず笑顔がこぼれるような提案を行う。

Page Top

独身女性の部屋 Everyday Refresh Room独身女性の部屋 Everyday Refresh Room

今日がんばった自分を迎え、リフレッシュできる、「カラーレース」をふんだんに使ったお部屋です。カーテンや壁紙をアクセントに視覚的な効果をねらいました。華やかなピンクストライプのシアーカーテンはギャザーで動き出し、窓の形に合わせてバルーンシェードに。窓から射し込むカラフルな光が、毎日を元気にしてくれます。

毛利 志織

毛利 志織

カーテンギャラリーハンザム

色彩、素材、織りなどあらゆるファブリックメーカーの特性を見極め、デザインと機能性を兼ね備えた窓装飾を展開。

Page Top

男子学生の部屋 ART & ROCK PARADICE男子学生の部屋 ART & ROCK PARADICE

この部屋に暮らすのはUKロックをこよなく愛する19才の青年。父親のように慕う大家さんの影響でビートルズにはまっている。大家さんに許可を得て描いた壁の絵をデジタルプリントで表現。環境問題にも興味があり、家具類は拾ってきたものかリサイクル品。若者のエネルギーを感じられます。

森田 由紀子

森田 由紀子

スピルトピンク

インテリアに音楽・グラフィック・ファッションなどのアートをMIXし、美しく新しい世界を創り出す。

Page Top

GRAND MADOWTSUKAI FABRIC PAOGRAND MADOWTSUKAI FABRIC PAO

会場にリズミカルに点在する5つのパオ。それぞれに違ったコンセプトで、多彩なファブリックを纏わせ、パオに新たな輝きを生み出します。Windows Paradiseのシンボルとして、シアーファブリックに包まれたトルソーの天使も創作しました。

木村さちこ

木村さちこ

ダルクデコ株式会社

インテリアコーディネーターとして活躍する傍ら、講師や執筆活動、後進の育成なども手掛けインテリアの啓発活動に力を注ぐ。

Page Top

素材や色彩を駆使し、暮らし全体を豊かに想像するインテリアコーディネーター。多彩なアイテムや素材を操り、窓そのものをアートに変える窓装飾プランナー。この2つのライセンスを持つエキスパート達が、“窓”をキーワードに個性的なファブリックワールドを生み出した『JAPANTEX2018』。
大家さんと多世代の住人達の部屋は、中庭を囲んで構成。そこで生まれたコミュニケーションがインテリアにも取り入れられ、4人4様の住まいのストーリーが表現されていました。
また「Fabric Pao」では、ファブリックメーカー各社のシアーカーテンが展示され、あるものは窓から射し込む煌めきのように、またあるものは夜の灯に浮かぶシアーの美しさのように、来場者の目を引いていました。
予想もつかないアイディアで、素材や色彩に新たな力を生み出す「MADOWTSUKAI」達のマジック。自分らしく心地よく住まうための空間造りをエキスパートが創出します。

公益社団法人インテリア産業協会35周年記念事業 INTERIOR MEETING in TOKYO 2018公益社団法人インテリア産業協会35周年記念事業 INTERIOR MEETING in TOKYO 2018

『JAPANTEX2018』2日目となる11月21日(水)、協会支部各エリアで活躍する代表資格者9人によるパネルディスカッションが開催されました。テーマは「これからのIC・KS資格者像」。少子高齢化、産業のIT化など、インテリア業界を取り巻くマーケットが変化する中、IC・KSが今後活躍する可能性が高いフィールドや、それに向けてどのような取り組みをすべきかを探りました。
会場席からは、全国のIC・KS100名も参加。リフォーム、インバウンド、高齢者施設、オフィス等での需要について、各パネリストが経験をもとに活発な意見交換を行いました。

公益社団法人インテリア産業協会35周年記念事業
ICKS交流スペース

あ、居心地、いいかもあ、居心地、いいかも

『JAPANTEX2018』に全国から集まったIC・KSの集う場所として、「あ、居心地、いいかも」と感じる交流スペースを設置。シームレスに行き来できる空間で、さまざまな語らいのシーンが生まれました。

Page Top