ココに行けば会える!キッチンスペシャリストが活躍する現場

キッチンスペシャリスト、実際の声

ショールームアドバイザー 中村 雅子 さん

お客様のライフスタイルの一端を提案できるこの仕事に、とてもやりがいを感じています。しかし、キッチン周りの商品は、住宅設備の中において機能の多様性と、オプションの豊富さから、私が苦労しているジャンルでもあります。実際に、キッチン周りはお客様のご要望も多く、商品以外にも間取りの相談などを受けることがあります。そこで、お客様に対してもっと効果的なプランニングの提案をするためにも、キッチンスペシャリスト資格が必要だと考え、取得しました。

これまでは、日々の接客経験をベースにプランニングをしていました。しかし、キッチンスペシャリスト資格を取得したことにより、お客様へ自信を持って具体的な説明ができるようになったと思います。住宅は一生の中でも大きな買い物ですので、予算内おいて可能な限り、お客様の夢を現実のものにするお手伝いをしていきたいです。

ショールームアドバイザー 廣田 奈緒 さん

私の担当は、水回りをはじめ、玄関、建材、サッシなどの住宅設備のプランニング、接客およびお客様の相談に対するアドバイスになります。取扱商品が内装から外構までと幅広く、種類も多岐にわたるため、常に最新の商品知識を頭の中に入れるよう努力しています。

キッチンスペシャリスト資格に興味を持ったきっかけは、会社の資格取得に対するバックアップ体制もありますが、キッチン専門ということで、キッチンのレイアウトを含め、お客様に細やかな提案ができると思ったからです。また、以前から取得していた2級建築士、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーター資格と併せることにより、複合的にプランニングしていくことができ、仕事の幅が広がりました。具体的には、お客様に対し、予算面や納品までの流れなどについて、より詳しく説明することができるようになり、打ち合わせ中において説得力が増しました。それがお客様との信頼関係になり、自分の自信にもつながっています。

キッチンは住宅設備の中において、特に生活に密接している場所だと思います。プランニング次第でお客様のライフスタイルが大きく変わってきます。例えば、家族のコミュニケーションの在り方などにも影響するポイントだと思います。今後はキッチンスペシャリスト取得によって身につけたスキルを、より多くのお客様のために役立てていきたいと考えています。

会社としての取り組み LIXILの場合

キッチンスペシャリスト資格は、知識のみでなくお客様のライフスタイルに係わる部分まで試験審査の範囲に含まれ、お客様とのコミュニケーションに役立つ資格と考えていますので、会社として、受験や、受験の際に発生する交通費、資格の更新費用についてバックアップ体制を整えています。

ショールームコーディネーターが、キッチンスペシャリスト資格を取得することにより、キッチン空間のあり方、毎日の使用感、エコ・環境負荷の軽減など、多角的な視点からお客様に喜ばれるキッチン空間のご提案につながることを目指しています。

写真:キッチンスペシャリストのみなさん

ショールームコーディネーターとして活躍するキッチンスペシャリストのみなさん。生き生きとした笑顔が素敵です。

Showroom Information

株式会社 LIXIL

株式会社 LIXIL(リクシル)

家に関するあれもこれもが一度に見られて相談もできるLIXILショールームは、全国各地に100拠点あまり。お住まいの近くのショールームを地域からお探しいただけます。お目当ての展示商品がございましたら、各ショールームページの「展示商品情報」をご参照ください。

LIXILショールーム:http://showroom-info.lixil.co.jp/