全国のIC団体から

全国のIC団体の活躍をご紹介します

大分県インテリアコーディネーター協会

大分県インテリアコーディネーター協会(略称:I.C.O)です。

まずは【大分県の紹介】から・・・

大分県といえば別府(温泉)そして由布院(温泉)、くじゅう連山の山並み 食べ物では(関)鯵=アジ、(関)鯖=サバ、そして意外とご存じないのが豊後水道の「フグ」などの海の幸、最近はとり天、唐揚げも有名になりました。

イメージ画像01

「おんせん県おおいた」の県公式ロゴ

  

本年(2015)4月に移転開館した大分県立美術館(愛称:OPAMオーパム)は今日本中で最も注目されている美術館です。

イメージ画像02

魅力的な景観、気軽に立ち寄れ、くつろげる空間と多様な展示空間を擁して、さっそく話題の美術館として高い人気と多数の来館者を集めている新しい大分の名所です。

イメージ画像03

大分県立美術館(愛称:OPAMオーパム)
http://www.opam.jp/page/greeting.html

協会の紹介
イメージ画像04

2014合格者祝賀会(交流会)

  

大分県インテリアコーディネーター協会:略称 I.C.Oは1989年(S64年)に設立。略称のI.C.Oは発足時の名称「インテリアコーディネーターズ大分」のものを今も使用しております。県内在住のインテリアコーディネーター約50人の会員を中心に交流、スキルアップ、地域への情報提供などを目的に活動を進めております。

毎月開催する「運営委員会」において年間計画に基づいた企画を策定し、年間約10回のセミナー(研修会、講演会)と2~3回の交流会を開催しております。

I.C.Oの理念と基本姿勢

大分県インテリアコーディネーター協会は協会活動並びに会員インテリアコーディネーターの業務の基本を理念として掲げるとともに、行動の指針としております。

I.C.Oの理念

存在意義
快適空間を創造する
私たちは、住空間の向上を通じて人々の健康的・文化的な生活の創造に寄与します
活動姿勢
調和ある豊かさを追求する
私たちは、人と心を尊重し、自然と人間の調和と秩序を大切にして豊かな暮らしを追求していきます
行動基準
プロとしての責任を果たす
私たちは、時代とともにたえず進歩し生活者の視点に立って熱意ある提案と、誠実な行動で、人々と社会の期待と信頼に応えます

『出会い、経験、学び、成長、感謝、笑顔』がICOの基本姿勢です。

ICOはこの6つの言葉を常に意識して、活動に取り組みます。
ICOでの出会いと繋がり、業務における経験、そしてICOでの学習が個人を成長させ、常に感謝の気持ちを持って、笑顔で接する。これがICOの基本姿勢です。

I.C.Oの活動・・・2015セミナー
イメージ画像05

本年は6月に海を隔てた隣県、そして同じIC協会の仲間である愛媛IC協会会長の川上幸生氏によるセミナー「古民家を子供たちに残す」を開催。参加者は40人と会員の関心も高く、そして大変興味深いお話でした。

ところで隣の県といえども(公社)インテリア産業協会の支部が異なり、これまでまったく交流のなかった愛媛IC協会さんですが、これをきっかけに交流の輪が広がることを期待しております。

イメージ画像06

古民家セミナー風景

 
イメージ画像07

また7月~11月に計4回掛けて開く会員講師による「スタイルマップ研究会」を開催しております。このセミナーはICがお客様の要望を素早く・的確に把握できる『スタイルマップ』を完成させるワークショップ(WS)です。

ICOとしては目指していた自前の会員講師によるセミナーとして成功を期待しております。講師の熱意も伝わり参加者は他県協会の会員の方(4時間かけての参加)、非会員(未資格者)から準会員となって参加の方など受講者の学ぶ意欲が大いに感じられるセミナーとなっております。

イメージ画像08

スタイルマップ研究会の受講者

  
I.C.Oの活動・・・インテリア普及・生活者啓発活動

昨年より地域へのインテリア普及啓発活動として小学生を対象に「ケーキ箱のおうち・・・づくり」を開催し好評を博しました。

イメージ画像09

「ケーキ箱のおうち・・・づくり」はケーキの箱を部屋に見立てて、ICが日頃使っているカーテン生地や壁紙を用いて部屋づくりを行ってもらうワークショップ(WS)です。福井県IC協会の行った話を聞いたのがきっかけですが、元々関西のICのグループ(キウイラボ)が始めたもので大分にそのメンバーが移り住んだことによりそのノウハウが伝わりました。

イメージ画像10
イメージ画像11

「ケーキ箱のおうち・・・づくり」は現役のICが未来のICを認定するものです。子供たちの豊かな発想は私たち大人のICも刺激を得るほどです。子供のころからインテリアに興味を持っていただく最良のWSと思っております。そして、本年は鹿児島県IC協会、みやざきIC協会も実施して九州全体の取り組みに発展しております。

I.C.Oのこれから

本年の秋以降は映像作家を講師に招いて空間の捉え方やデジカメの使い方を学ぶセミナーやインテリア産業協会九州支部の会員企業による「企業セミナー」等も開催いたします。

これからもI.C.0は会員の声を聞くとともに、内外の情報をもとに様々なセミナー等を企画してまいります。

幅広い職種の会員ICの要望を満たすことは中々難しいことですが、それが協会参加への求心力と思い、継続そして充実してまいります。

イメージ画像12

大分県インテリアコーディネーター協会は九州各地のIC協会との交流・情報交換を通して常に刺激をいただき活動に活かしております。

イメージ画像13
九州IC協会協議会会議資料
イメージ画像14
九州6県で持ち回り開催している交流会(2013年の長崎開催の会議風景)

全国各地のIC(団体)協会の皆さまとも交流が図れれば、より一層の活動の糧となると思っております。

大分県インテリアコーディネーター協会(ICO)HP

http://ic-oita.com/