コーディネーターワークス

コーディネーターズワークス一覧

亀井寿子さん:美しい空間、真の理想空間の具現化

亀井さんにとってインテリアコーディネートとは?

お客様の潜在的な欲求に叶い、かつ五感に訴えかける“真の理想空間”、“美しい空間”を具現化し、お客様の生活に潤いを感じていただけるような魅力的な空間の提案を心かげています。 お客様のご要望をあらゆる角度から考察し、将来の生活の変化にも合わせて長くお使いいただけるトレンドに惑わされない、かつ固定疑念に縛られないアイデアやデザインを22年の経験を活かし提案させていただいております。

プロフィール

資格:インテリアコーディネーター、カラーコーディネーター、二級建築士、オーガナイザー
「BIID」英国インテリアデザイナー協会 正会員
1989年〜 店舗設計事務所にて酒屋、ホテル客室の設計、レストランの設計。
1991年〜 オフィス・福利厚生施設設計事務所にて、オフィスを始めショールーム福利厚生施設や大学ラウンジ等の設計、
インテリアデザイン及びコーポレートカラーのカラーコーディネート。オフィス・福利厚生施設等の設計を200件以上。
1997年〜 ハウスメーカー社員としてインテリアコーディネート及びモデルルームやショールーム、展示場の設計。
1999年〜 ハウスメーカー委託インテリアコーディネート。ハウスメーカーのインテリアコーディネーターとして
計250件以上のお客様の担当。
2004年〜 ビルダーにて住宅、病院・店舗設計コーディネート、分譲住宅企画コーディネートに従事。
17年の経験を経て2006年に独立。Total Coordinate JuJuを開設。
戸建住宅、マンション、店舗のインテリアデザイン、リフォームリノベーションなどを手掛ける。

Total Coordinate JuJu:http://www.tc-juju.com/

Order Made マンションオーダーメイド

「I邸」〜モダンラグジュアリー〜

マンションを建築途中から設計変更し、窓からのロケーションを楽しむため、またTVをどの位置からも見やすいようにキッチンの位置を30度傾け、間仕切りを移設することでLDK広くしました。
マンションの場合、建築の梁が短所になるのですが、ダクト位置の移設と組み合わせ、折り上げ天井に見立て、造作家具と一体とし、長所として活かしました。

写真:オープンキッチン

[1]オープンキッチンは、カウンターチェアーを設置し上部にはワインラック付の棚を設け、ホームパーティーの際にはバーカウンターとしてお使いいただけるようになっています。
[2]造作でデザインした収納兼飾棚は建築段階から十分な補強を施し、床ではなく壁固定しています。そのため、圧迫感なくアクセントの壁紙を引きたたせています。壁紙と扉の面材のベージュ×ブラックのコントラストで空間を引きたてました。
[3]シルバーとブラックとベージュカラーを基本に、メリハリがありシーンに合わせコントロール出来る照明計画と内装材・造作家具の素材・質感や大胆な柄とボリューム感のある照明器具や家具でドラマティックな空間を演出しました
[4]最初にご提案した時のパース

写真:壁紙と扉の面材のベージュ×ブラックのコントラストが空間を引きたてる

写真:シルバーとブラックとベージュカラーを基本とした室内

写真:最初にご提案した時のパース

Reform リフォーム

「I邸」古民家再生

写真:玄関の三和土(たたき)の廻りを回遊出来るようにリフォーム

ニッチの前に広がる玄関の三和土の場所は、二間続きの和室でした。増築もするため、玄関の位置を変えて、玄関の三和土(たたき)の廻りを回遊出来るようにリフォームしています。地域の方々が集まる場所としても使用する和室を、住居スペースとやさしく分離するため、この回遊できる縁側を作っています。壁は珪藻土を使用し天井は民家の天井をそのまま利用して、仕上げに自然塗料を塗りました。

写真:壁をTVボード+収納スペースとし日本庭園になじむ一つの美しい景色としてプラン

写真:キッチンに向かっての掘りカウンター

写真:天井高さを確保するため、梁をむき出しにした2階の部屋

[5]リビングはもちろんダイニングとして使用する畳コーナーからもTVを見れるようにとのご要望に、西面の壁をTVボード+収納スペースとし日本庭園になじむ一つの美しい景色としてプランしました。基本色は、水平部をチーク色、垂直部をダークブラウン、ポイントカラーをゴールド。特に、TVボードの壁面に使用した壁紙がお部屋を格式のある日本の空間としてドラマティックに演出しています。
[6]手前の空間は奥さまの書斎、畳コーナー奥はキッチンに向かってお母さんの顔を見ながら宿題が出来る掘りカウンターになっており、子どもが勉強しやすい空間を作りました。
[7]2階のお部屋は、天井高さを確保するため、梁をむき出しにし、中央に照明器具を付けらないデメリットを屋根の勾配に合わせた天井にやさしく光が廻るようにコーニス照明をお付けし長所として活かしました。
ベッドを設置する壁にヘッドボードに見立てたアクセント壁にするため、調湿作用のある壁材を貼りました。
お部屋の空気環境はもちろんですが、寝ている間の汗などの湿気も整えてくれます。

House 住宅

「K邸」新築

写真:リビングシアター

[リビングシアター]
子供とのコミュニケーションを大切にしつつ、リビングで映画を楽しむために回廊のあるリビングシアターを作りました。
リモコン一つで、照明、カーテン、映像、スクリーン、音響全て操作できるようになっています。

写真:ウエッジウッドの部屋

[ウエッジウッドの部屋]
来客者用のリビングを奥さまお気に入りのウェッジウッドに合わせてコーディネートさせていただきました。
ウェッジウッドの陶器のカラーに合わせて壁を塗装し、家具やカーテンはウェッジウッドを引き立たたせるカラーを選んでいます。