InteriorCoordinator 荒井詩万氏

写真:iving in the Gallery ギャラリーに住まう
 
Living in the Gallery ギャラリーに住まう
インテリアコーディネーターの自宅を紹介します。
オープンLDKをアートや音楽、食事をフレキシブルに
楽しめるギャラリー空間に、コーディネートいたしました。
Interior Coordinator
写真:荒井詩万さん  Shima Arai
荒井詩万さん Shima Arai

インテリアコーディネーター
ライフスタイルプランナー。
設計事務所にて秘書として勤務。
在職中、「町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー」で2年間学び、卒業後、フリーのインテリアコーディネーターとして「CHIC INTERIOR PLANNING」主宰。
インテリアを手掛けた自宅は、「第45回神奈川建築コンクール優秀賞」受賞。新築住宅やマンションのインテリアコーディネート・リモデルを手掛ける他、NHK文化センター講師、「はなまるマーケット」に出演するなどインテリアに関するさまざまな仕事をしています。

家族や友人が集まった時に、アートや造作壁面収納に並ぶ本を眺めたり、食事や音楽、そして会話をフレキシブルに楽しめるオープンLDKは、様々なディスプレイを楽しむギャラリー空間です。
写真:Living Room
Living Room
1面にはかなりの収納量の造作壁面収納ですっきりと。「見せる」・「隠す」のバランスを考慮し、空間を引き締めます。
About Lighting
例えば、夕方子供がTVを見ている時には天井から明るい光を、ご夫婦でワインを飲む時は天井灯を消してフロアスタンドで寛げる光というように様々な生活シーンに対応する「一室多灯」の照明計画が大切です。
写真:About Lighting
Dining Kitchen
また、クライアントとの打合せスペースでもあります。言葉だけではお客様がどんなイメージなのか細部まで掴み切れないことがありますが、手掛けた空間をご覧いただきながらの打合せはとても有意義です。
写真:Dining Kitchen
リビングからダイニング・キッチンを見たところです。リビングからキッチンの雑然とした手元まわりが見えないように、セミオープンキッチンはカウンターを立ち上げています。
実際に見て触れて、寸法も体感していただけるので造作壁面収納のカラーやデザイン、家具レイアウトについてお客様も私も共通して確認していくことができるので、とてもスムーズに打合せが進みます。

こちらの記事もおすすめです。