InteriorCoordinator 碧山美樹氏

写真:ライフスタイルの変化にともなうこだわりのリフォーム
 
ライフスタイルの変化にともなうこだわりのリフォーム
子育てを考えたシンプルで優しい空間
確かな目で選ばれた家具や食器、さりげない野の花のあしらい、季節感のある丁寧な暮らしぶりがとても心地よいご家庭でした。
お二人暮しでしたが、この夏にご家族が増えるとのこと。
赤ちゃんを迎えた新しい暮らしのベースとなるシンプルでやさしい空間をつくりたいと考えました。

Interior Coordinator

写真:碧山美樹

碧山美樹 Miki Aoyama

青山建築設計室
公認資格:一級建築士、インテリアコーディネーター1964年福岡県生まれ。92年にタックデザイン事務所に入社し、インテリアや店舗を中心とした設計業務を担当。94年に小山隆治建築研究所に入所。住宅を中心に設計業務を手掛ける。出産を機に一時休業し、05年に碧山建築設計室を設立。自身の子育ての経験を踏まえ、家族の変化に柔軟に対応できる家づくりを提案。
 
イラスト:Before 既存平面 イラスト:After 改装後平面
 
写真:Before
一部階段下空間を利用したコンパクトなトイレですが、壁面照明や内装材などにより落ち着いた雰囲気のトイレになりました。
新しい家族を迎えるためのリフォーム

家の中心のできるだけ目の届きやすい場所に子ども室。各部屋がやわらかにつながるよう引戸で間仕切りました。

ワーロンによる引戸。子供があばれても良いように、下部にはアクリル板の補強が入っています。引き手はアルミ型材をカットして使用しています。

ご夫婦でお料理を楽しまれるとのことなので、キッチンは南側へ移動、明るくオープンなものとしました。

和室の入口。基本的に引戸の枠廻りは塗り回しですっきり仕上げています。

薄暗く狭い玄関。トイレを移動し、窓を大きくとることによって明るく気持ちの良い玄関になりました。

これから、ご家族の時間とともに味わい深い住まいとなっていくことを楽しみにしています。

こちらの記事もおすすめです。