COORDINATOR'S STORY

コーディネーター奮闘記 ▲ コーディネーター奮闘記BACK NUMBER TOPへ

Vol.4 岩藤奈生子さん

 インテリアコーディネーターのエピソードをお届けする「コーディネーター奮闘記」。
 第4回目は仙台でご活躍のIC、岩藤奈生子さんに、とある数日間を日記風に綴っていただきました。

岩藤さんのICな日々 岩藤さん
○月○日
朝から曇天・・・。こんな日は少しブルー。なんて気持ちを振り払いながら、打合せに。
今回はホテル宴会場の絨毯リニュアルの件。10年前にデザインした3階の絨毯がくたびれたので、再度デザインの依頼。昨年デザインした2階宴会場も含め、ここでのデザイン業務は今度で4回目。毎回コンセプト作成から入る。打ち合わせ中、10年前のコンセプトを尋ねられ、すっかり忘れてしまっていて<すみません、年なので忘れました。>とボケて逃げ、周囲も納得。これも年の功と築き挙げてきた信頼関係があればこそ。
さて、どんなデザインに・・・。

○月○日
今日は朝から高速で遠出。県内とはいえ、車で1時間半は少々きつい。設計からの仕事なので、プレッシャーも大。着いて打合せは1時間で終了。病院経営でお忙しい方なので、仕方ないけれど移動時間の方が長いのは悲しい。

○月○日
今日も高速、福島行き。結婚式場の改装を2年前に手がけて以来、追加の仕事を頻繁に頂く。中には、ロビーの灰皿のセレクトまで・・・。細かいことでも動くから、当てにされているのかも。嬉しい反面、距離的に遠いのが残念。

○月○日
クレーム発生!白熱灯の明かりは嫌いという要望で、すべて白色蛍光灯でセレクトし、了解の上取り付けたら、点灯まで時間がかかるという施主。白熱灯に変更しますか?と尋ねても、電気代がかかるから嫌という返事。説明不足の私が悪かったのかぁ・・・。と反省し、へこんでしまう。でも、なぁ・・・。相性悪かったのかもと、自分を慰め、次の仕事に気を取り直す。結局コーディネート料を安くすることで折り合い完了。ただ値切る材料を探していただけのような気も・・・。こんな仕事もある。

○月○日
4ヶ月前に発注した家具がやっとイタリアから入荷!工事自体はとっくに終了しているので、その間ご不便をお掛けしていたので、申し訳ない気持ちで一杯。それでも出来上がりに満足していただけたので感謝!それにしても長かったぁ・・・。

文・岩藤奈生子さん

次のページへ >>