COORDINATOR'S STORY

コーディネーター奮闘記

Vol.2 高崎道子さん



中途半端なものが多すぎませんか?もっと、上質なスタンダードを。

 インテリア業界にひと言・・・安くてシンプルで美しいデザインで質のいいものを、スタンダードとしてつくり続けてほしい。その上で新しいものを提案して欲しい。
 消費する側の好みが多様化しているからこそ、インテリアはその人の個性を活かす脇役に徹する・・・そう考えることで、商品も整理されるのでは?中途半端なものが多すぎませんか?
吉村直子さん


吉村直子さん
最近気になるのは、人がいて初めて完成するドラマの中のインテリア。

 人の個性を活かす脇役といえば、最近、ドラマに登場するインテリアが気になっています。
 これでもかと個性を主張する空間やインテリアではなく、人物を活かすさりげないインテリアの中にユーモアや美しさがチラッと見えたときや、シーンをつくるインテリアを見たとき、インテリアはこうあるべきだと感じました。人がいて初めて完成するインテリアが気になるのです。

 既存の建物で好きなのは、今は明治村にあるF.L.ライトの帝国ホテル。時がたっても古さを感じさせないモダンさ、と大谷石の温かさが大好きで、我が家も参考にさせていただきました。
 好きなインテリアは、FOUR SEASONS RESORT Bali at Sayanのロビーラウンジ。オープンエアのダイニングに横からさす朝日が、ウォームホワイトの石に映えて、緑とのコントラストも美しいんです。

吉村さんのご自宅 吉村さんのご自宅 吉村さんのご自宅
「土に還る家」というコンセプトで建てたご自宅。NHK BSでも紹介されました。




留学生たちとのホームパーティでストレス発散。韓流ブームにもどっぷりつかっています。

 いつの頃からか、さまざまな国の留学生が我が家に出入りするようになりました。それぞれのお国の料理でパーティをするのが、私のストレス解消法。20人前後のメンバーが週に2回ぐらいのペースで集まり、3か月の間で206人という記録も。

 特に韓国の留学生は多く、私も犬の名前にチグ(韓国語で地球の意)とつけるほどの韓国びいき。最近の韓流ブームにもどっぷりつかり、お客さまと仕事そっちのけで話し込むこともあります。
留学生を招いて
留学生を招いて

チグ
チグ
今熱中しているダックスフンドのエル君
ご自宅の作業場にて


吉村直子さん 吉村直子さん(よしむら なおこ)


‘80年 京都女子大学短期大学部家政科卒業
    (株)INAX入社5年目に結婚
‘89年 ICの資格取得後インテリアコーディネーターの仕事を始める


有限会社オイコスヨシムラ(OIKOS-YOSHIMURA)
http://www.oikos.st/
オイコスはギリシャ語で「家、居住地」。
Ecology(生態学)の語源になった言葉です。
OIKOS−YOSHIMURAは、地球に優しい、自然と人の調和のとれた暮らしを願い名付けました。

こちらの記事もおすすめです。

コーディネーター奮闘記 Vol.4 岩藤奈生子さんコーディネーター奮闘記
Vol.4 岩藤奈生子さん
Vol.18 桑田和子さんVol.18 桑田和子さん