COORDINATOR'S STORY

vol.20 秡川 寿美礼さん

インテリアコーディネーターのエピソードをお届けする「コーディネーター奮闘記」。
第20回は、造作家具のデザインから暮らしやすい間取りの設計まで幅広く手掛ける秡川寿美礼さんにお話をうかがいました。

お客様のライフスタイルを見極め、暮らし方にあった家具の配置や収納計画なども提案しています。

インテリアコーディネーターを目指したのは30歳の時。独立までのスケジュールを描いて猛勉強しました。

インテリアに興味を持ち始めたのは高校生の時。4畳半の自分の部屋の家具配置を何度も変えたり、おこずかいをためてカーペットやベッドカバーを買ったりして、自分の満足のいくコーディネートを実践し、インテリアの実験を繰り返していました。「いつかは起業したい」「人の一生に関わる仕事をしたい」という思いから、アルバイトを含め様々な仕事を経験し、インテリアコーディネーターを目指したのは30歳の時。独立までのスケジュールを描いて猛勉強を始めました。

写真:客間 熱海市S邸

客間 熱海市S邸

写真:秡川 寿美礼さん

お客様にとって暮らしやすい、快適な住まいにすること。そのためお客様のライフスタイルを見極め、暮らし方にあった家具の配置や収納計画なども提案しています。

無我夢中で仕事をしたことが修行時代の忘れられない思い出です。

設計事務所での修行時代、ICの資格を取っただけで、全くの未経験からいきなり木造住宅の建て替えの設計補助と現場監理を任され、現場でもお客様の前でも怒られながら無我夢中で仕事をしたことが忘れられない思い出です。知人の紹介のおかげで奇跡的に採用してもらった設計事務所だったので、不可能を可能にするつもりで頑張りました。右往左往しながらもなんとか竣工を迎えることができ、その後の仕事は手順も見えて、少しずつ仕事を覚えていきました。
気力と体力で乗り越えたという感じです。

写真:ワンルーム 渋谷区D邸

ワンルーム 渋谷区D邸

写真:LDK 小金井市K邸

LDK 小金井市K邸

写真:書斎 墨田区賃貸マンションモデルルーム

書斎 墨田区賃貸マンションモデルルーム