The36th JAPANTEX2017 2017年11月15日(水)・17日(金) 東京ビッグサイト

Windows Paradise7

インテリアファブリックス業界最大のイベント『JAPANTEX2017』。
今年は暮らしを豊かにする“窓”の存在に注目し、インテリアコーディネーターと窓装飾プランナー、ダブルライセンサーのエキスパートが登場。
『Windows Paradise』と題して、窓装飾をキーワードにした個性あふれる7つのストーリーを元に窓空間を演出しました。

Styling Paradise

吉積 晶子 AKIKO YOSHIZUMI

ノスタルジックシノワズリー …
五感で感じるいつかどこかで。

どこの国の物でもないのに、なぜか懐かしさが感じられる……そんなノスタルジックな世界観に、凜とした品格を持つシノワズリーのエッセンスを加えてみました。たっぷりのドレープや滝のように流れるシアーなど豊かな布使いのスタイリングを通して、装い飾ることの楽しさを感じていただけたら嬉しいです。

吉積 晶子CURTAIN SHOP san-ai

「布から与える豊かさを表現したい」と住宅や店舗などのインテリアや窓装飾に携わる。ミシンで自ら試作を手がけることも。

觔斗雲をイメージした迫力のあるコーニスは、
マジックテープで容易に分割できる実用性も
兼ねそなえた造り。

シアーレースの重なりが美しいカーテンは、
テグスを用いてくせ毛のようにうねる豊かな
立体感を生みだしている。

窓にはピーコックシェードとすだれを組み
合わせて、
タペストリーを飾るように
シノワズリーの
エッセンスをプラスした。

足もとを照らすアンティーク調のスタンドと、
壁に陰影を映し出すペンダントライト。
優しい光が空間に温もりを演出。

牡丹を散りばめた上品かつ華やかな
壁紙をはじめ、
ゴールドを効果的に用いた
上品で深みのある
色合わせが印象的。

吉川 信也 SHINYA YOSHIKAWA

Hi-fashionable
Interior

目指したのは、ハイ・ファッションのように生地をまとった空間。モノトーンから鮮やかな色調まで、テイストの異なる様々な布を窓や床、壁に対し、楽しみながら繊細かつ大胆に取り入れました。年齢も時間も忘れ、ここでいつまでも不思議な夢を見ていたい。そんなストーリーが感じられる場所を創造しています。

吉川 信也(株)シービーソウム

機能や利便性だけに囚われない自由な発想を表現する一方、住まいに寄りそうインテリアを豊富な経験に基づき提案する。

シンプルになりがちなプレーンシェードを、
ゼブラやチェックの生地をつなぎ合わせて
アバンギャルドな印象にスイッチ。

カーテンをベージュ&ゼブラで統一
しながらも、
柄をアシンメトリーに配置した
ことで空間に
動きや活気をもたらしている。

カーテンのハトメの中からプリント
ファブリックを
覗かせて、まるで布の中に
アートを飾っているかのように演出した。

トム・ディクソンの大ぶりな照明を空間の
アクセントに。
カーテンレールのシルバーと
相まってエッジの効いた
硬質感を表現。

インテリアコンセプトをまとめたボードを、
シックに額装して絵画を飾るように配置し、
空間のアクセントとして使用。

Page Top

MONO PARADISE

日吉 啓 KEI HIYOSHI

アクティブミドルライダーの
和み(なごみ)の部屋。

子育てもひと段落し、人生のセカンドステージを充実させたいと願うアクティブミドルの部屋をイメージしています。洋風な建物でもひと部屋だけは和室がほしい、自分だけの空間を持ちたい、という憧れを叶えた大人のためのデザイン。日本古来の和のしつらえとモノトーンをミックスした落ち着いた雰囲気が魅力です。

日吉 啓(株)サンクラフト

豊かな自然に囲まれた伊豆を拠点に、建物の立地や外部との関係までを考慮したインテリアコーディネート・施工を行う。

窓は空間を調和し、融合させるもの。
光りを通す桜のスクリーンカーテンが空間に
優しい華やぎを添える。

畳の印象がある和室の床を、
竹のような
ストライプ柄と桜をあしらった
タイル
カーペットを組み合わせてモダンにアレンジ。

石を思わせる壁紙で空間に落ち着きをプラス。
足もとには、和のテイストと相性のいい
アールデコ調の装飾を加えて個性を演出。

ガラスのペンダントライトを段違いに設置。
壁に映るガラスの模様が美しい陰影を生みだ
し、
空間に奥行きを感じさせる効果に。

窓の向こうには、
主人公の
アクティブミドルが愛用するバイクを展示。
部屋のストーリーを内外一体で表現した。

冨田 恵子 KEIKO TOMITA

コド・モノ・トーン
~彩りのための無彩色~

お部屋遊びが大好きな女の子の部屋、がコンセプト。子ども部屋の色彩計画としては珍しいブラック&ホワイトを基調にすることで、彼女の宝物であるパステルカラーのおもちゃやビビッドな色のドレスが空間のアクセントになることを狙いにしました。大人すぎず、甘すぎない新しい子ども部屋の提案です。

冨田 恵子冨田建築デザイン事務所

スタンスは「インテリアに関することなら何でも」で、住宅や店舗デザインのほか伝統工芸品のプロダクトデザインにも携わる。

窓は理性と感性のスクリーン。
クマの刺繍を施したシアーカーテンに、
モノ
トーンのガーランドを組み合わせて個性的に。

ポップなキャンディ型のラグマットも、
モノトーンカラーを選ぶことで、
子どもらしい
遊び心を取り入れながら空間に調和する。

ミッドセンチュリー風の壁掛け時計を
組み合わせて、子どもと大人の間を行き来する
女の子の繊細な気持ちを表現。

クッションは一つひとつ異なる柄をチョイス。
モノトーンという共通点で統一感を出し
ながら、
女の子らしい可愛らしさも演出。

子どもの秘密基地となるティピーも
ブラック&ホワイトの色彩で統一。
シンプルな
リビングとも空間の連続性を保てるアイデア。

Page Top

COLOUR PARADISE

中島 淳子 ATSUKO NAKAJIMA

きれいな色使い、
夢のあるインテリアで、
子どもたちの空想の世界を窓に。

自由でのびのびとした発想を助ける子ども部屋をイメージし、子どもの絵によく登場する丸・三角・四角をデザインのアクセントに。男の子も女の子もワクワクする“夢見るキッズルーム”を形にしました。カラフルな多色使いのコーディネートも、色調をグレイッシュトーンで揃えると統一感を出すことができます。

中島 淳子AVENUE INTERIOR DESIGN

大手輸入住宅メーカーのインテリアコーディネーターを経てロンドンに留学。英国インテリアデザイン協会の正会員。

カーテンレールのバランスには、
子どもの
絵に出てくるような丸や四角の
モチーフを
あしらって自由な発想の世界を表現。

色違いの生地を縦横に貼り合わせた
カラフルなシェード。2色使いの軽やかな
レースカーテンは風をイメージしている。

家や木々、人々の生活が表現された
絵本のような壁紙を前面に。子どもたちが、
空から街を眺めるような気分で過ごせる。

クロス&タイルカーペットはモザイクのように
色をちりばめて使用。カーテンの
パッチワークや
四角いバランスとも統一感が。

子どもが描いた絵を飾ることで、
さらに
生き生きとした空間に。フレームの色彩は
部屋になじむグレイッシュカラーで統一。

鈴木 幸生 YUKIO SUZUKI

新星発見を夢見る、
宇宙マニアのお部屋。

惑星と銀河に囲まれた宇宙空間をイメージした部屋です。布のドレープを用いて、宇宙に広がる銀河や光を表現し、その周りには惑星を思わせる丸いモチーフを飾っています。大人も子どもも遠い宇宙に思いを馳せながら、楽しく天体観測に夢中になれる。そんな宇宙マニアのためのパラダイスルームを目指しました。

鈴木 幸生(有)カーテンハウスシルクみどり店

インテリアの素晴らしい特性や、もたらす感動・快適・潤いを伝え、形にすることをモットーにコーディネートを手がける。

スワッグと呼ばれる優雅なドレープカーテンを
銀河に見立てて、星々が美しく夜空を流れる
姿を室内に再現している。

惑星をモチーフに、丸く切り出したベニヤに
スポンジを貼り、布で包んだ飾りを制作。
カーテンの銀河に浮かぶ宇宙空間を表した。

ブルーやグレー、パープルなど神秘的な惑星の
色彩を伝えるため、ブラインドやカーテンには
玉虫色に輝く中間色を採用。

アートの代わりに壁に飾ったのは、
月の
土地に関する書類。部屋の主が
宇宙マニア
であることを伝える遊び心のある演出。

床には、惑星に降り立ったような
雰囲気が感じられる、
硬質な大理石柄のタイルをセレクトした。

Page Top

Sachiko's Mind

木村 さちこ SACHIKO KIMURA MAIN DIRECTION

Windows Paradiseを見守る
ファブリクスの天使

これからのインテリアの輝く未来に希望を込めて、シアーファブリックスを天使に見立てて表現しました。羽根のように広がるオープンスワッグを背景に、テグスを入れたオーガンジーでドレスをふわりと広げています。光を受けた生地の透明な美しさやドレープの豊かさをお楽しみください。

木村 さちこダルクデコ(株)

インテリアコーディネーターとして活躍する傍ら講師、執筆活動を通じて後進の育成を手がけ、インテリアの啓発活動を行う。

窓のコーディネートを極めた窓装飾プランナーとインテリアに精通したインテリアコーディネーター。ダブルライセンス保持者が“窓”をキーワードに、ファブリックの可能性を存分に引き出した『JAPANTEX2017』。会場にはシアーカーテンを滝のように並べ、透明に重なりながら光を通す美しさを体現した『ファブリックフォール』も登場しました。

また国産ファブリックメーカー15社より集めた125枚の個性豊かなカーテンを、色柄のグラデーションを意識して並べた『ファブリックコスモス』には多くの来場者が足を止め、コーディネートの可能性を楽しんでいました。

家の内外をつなぐ窓は、光の力を借りて無限に変化する場所。魅力的なファブリックとともに、住まう人の価値観や生き方が表れる空間創りを、インテリアコーディネーター、窓装飾プランナーがお手伝いします。

Page Top

住まいのインテリアコーディネーションコンテスト 高校生部門入賞作品展示

『JAPANTEX2017』では、昨年に引き続き今年度も、高校生を対象にしたコンテストの入賞作品を展示しました。今回のテーマは『私が変わる!リビング空間』。課題として与えられた立体空間に対し、高校生らしい自由な発想の作品が集まりました。来場者は、多彩なアイデアが表現された入賞作品の数々を、熱心に鑑賞していました。

Page Top