The 34rd JAPANTEX2015 11/18(wed)〜20(fri)東京ビッグサイト東ホール

インテリア産業協会展示ブーステーマ インテリアが人と人をつなぐ

11月18日~20日、東京ビッグサイトにてインテリア見本市「JAPANTEX2015」が開催されました。インテリア産業協会の今回の展示テーマは「インテリアが人と人をつなぐ!」です。

写真1

若者の夢、家族の想い、ベテランの知恵を最大限に魅せる工夫を盛り込み、インテリアの持つチカラの、可能性と未来を感じていただきたい、そんなブース作りを目指しました。

写真2

展示ブースは壁面をパネルとして利用しつつ、細い柱をつなげた透け感のある設計で広がりとつながりを演出しています。四角い柱の4面を塗りわけ、見る場所によって表情を変える仕組みになっています。

写真3

面ごとに違う絵柄の四角い柱が、空間を緩やかにつなげています。

写真4

シアターの内側からは、ソファの上に置かれているクッションの写真が見えます。

写真5

外から見ると別の写真が浮かび上がります。歩くにつれて景色の変わる動きのある壁面装飾です。

写真6 写真7

「インテリアが人と人をつなぐ~インテリアコーディネーターとお客様のちょっといい話~」の小冊子も配布しました。

インテリアコーディネーターが見せる COORDINATION ESSENCE

写真8

エリアのメインは、映像によるインテリアコーディネートの実例ストーリーを紹介するシアター。
黒いファブリックで囲まれた空間はしっとりとした空気感を醸し出し、オープンなシアターを作り出していました。

スクリーンの大画面には、プロジェクションマッピングの技術により、関東甲信越で活躍する30人のインテリアコーディネーターの方が実際に手がけられたすばらしいインテリアのシーンをプレゼンテーションしました。臨場感あふれるインテリアのエッセンスをお楽しみいただけたことと思います。

また、お客様とインテリアコーディネーターがインテリアを通じてつながる心温まるエピソードもご紹介しました。
その中から、インテリアコーディネーターの江口さんのエピソードを抜粋してご紹介します。

亡くなった旦那様がこだわった柳の床の間を活かし、リフォームしたら・・・。

新潟の造り酒屋に嫁いで50年の奥様。
旦那様が亡くなったあと子育ても終わり、
やっと自分のために、寒くて暗い家をリフォームしたいとの事。
北側の寒いキッチンを暖かな明るい場所へ移動。
小上がりの和室を造作し、正面に亡き旦那様が
こだわり抜いたとおっしゃる柳の床の間を移設しました。
キッチンからも和室からも見える床の間に、ご家族が口を揃えて、
「お父さんと一緒にいるみたい!」と喜びの声が。
リフォームってすごいチカラがあるんですね!
(インテリアコーディネーター:江口惠津子さん)

展示会で歩きつかれた足を休めて一息、リフォームの持つパワーを感じていただける空間となりました。

住まいのインテリアコーディネーションコンテスト 高校生部門(リビング空間)の紹介

ブースの表面では、プロも瞠目する高校生の感性あふれる作品を紹介しました。
高校生対象の住まいのインテリアコーディネーションコンテストのテーマは「わくわくリビング空間」。
自由な発想が楽しく、すばらしい作品がたくさん寄せられました。
パソコン技術が発達した今の時代に、力強い手書きの作品は見る人の目を惹き付け、パネルの中はわくわく感であふれていました。

写真10 写真11

展示を見るお客様も学生やその保護者の方々が多く見られました。
配布した受賞作品のカレンダーも人気で品切れ、作品集も人気でした。

写真12

キッチンスペシャリストの紹介とキッチン空間アイデアコンテスト入賞作品

写真13

キッチンスペシャリストのコーナーでは、キッチン空間アイデアコンテストの入賞作品を紹介しました。
また、キッチンスペシャリストがどこで活躍しているのか、などの展示をしました。

シアターと展示をつなぐスペースには道標があり、ちょっとした遊び心が演出されています。

協会支部活動の紹介展示

当協会は、国民の住生活の安定的な向上を図るために、インテリアコーディネーターやキッチンスペシャリスト資格者の育成によって住空間のインテリア等の普及を促進する事業を行っています。

全国9箇所の協会支部では、支部参加の会員企業ならびに地域のインテリアコーディネーターの団体等と協力し、地域に密着した活動を行っています。
このスペースでは、主に平成26年度の活動を紹介しました。

写真14

写真15

「for Childlen!」では、次世代を担う子供たちに向けた活動を紹介しました。

写真16

インテリアのアイデアとエッセンスがたくさん詰まったJAPANTEXの展示をご紹介いたしました。