The 33rd JAPANTEX2014 11/12(wed)〜14(fri)東京ビッグサイト東1ホール 主催:一般社団法人日本インテリアファブリックス協会/一般社団法人日本能率協会

JAPANTEX2014 テーマ「窓と暮らしを彩るインテリア」

2014年11月12日(水)〜14日(金)まで、東京ビッグサイトにてJAPANTEX2014が開催されました。
今年は「窓と暮らしを彩るインテリア」をテーマに、趣向を凝らした展示が目白押しでした。
会場は大賑わいで、昨年を上回り累計約32000人のお客様にご来場いただきました。ありがとうございました。
当協会のブースをご紹介いたします。

写真

インテリアが人と人をつなぐ 〜インテリアコーディネーターとお客様とのちょっといい話〜

緩やかなカーブで仕切られた空間の壁面には、お客様とインテリアコーディネーターとの心温まるエピソードがレイアウトされています。
あちらこちらに開いた窓が、内と外を心地良くつないでいます。

  • 写真
  • 写真
  • 写真

インテリアコーディネーターインタビュー 百人百窓

辣腕インテリアコーディネーターが語る「窓への想い〜百人百窓」

建物には欠かせない「窓」ですが、様々な機能と役割がありインテリアの大切なエレメントでもあります。
ウィンドートリートメント(窓装飾)はインテリアコーディネーターにとって腕の見せ所。関東圏で活躍する多数のインテリアコーディネーターの皆さんにそれぞれが考えている「窓」について語っていただきました。まさに百人のコーディネーターがいれば百の窓への想いがあります。豊富な経験の中から独自のノウハウを身に付けてきた「プロフェッショナル」のいわば「窓装飾のツボ」あるいは「窓のエッセンス」。よくよくご覧いただくと、インテリアコーディネーターたちのノウハウが見え隠れしているかもしれません。

写真
  • 写真
  • 写真

平成26年度 住まいのインテリアコーディネーションコンテスト 高校生部門作品展示

写真

「住まいのインテリアコーディネーションコンテスト」は、当協会が1987年から開催しているコンテストです。若年層へのインテリアの啓蒙や人材育成の試みのひとつとして、平成25年度に新たに高校生部門を設置しました。
さらに、平成26年度は入賞の成果が進学や就職の一助となるよう、(特に3学年生)募集時期を早めて8月初旬に審査を終えるスケジュールとなりました。

若く自由な発想、かつクオリティの高い入賞作品のボードをじっくりとご覧いただける機会となりました。

覗いて楽しい“インテリア万華鏡”

インテリア万華鏡は、小さな窓から中のコーディネートを覗き込める仕組み。協会ロゴマーク型の穴から覗き込んだ中には、インテリアコーディネートされたミニチュアルームが!6名のインテリアコーディネーターが、“少々癖のあるクライアント”の要望を叶えた楽しく素敵なインテリアコーディネートを展開しています。ミニチュアで制作されたコーディネートは細部まで凝った仕上がりで、覗き込んだ人からは「かわいいー!」「すごーい!」と声が上がっていました。

  • 写真
  • 写真
  • 写真
写真

小さな覗き穴から見る空間には夢が広がり、見る人の心を惹きつけました。

  • 写真
  • 写真
  • 写真

楽しいコーディネート提案の詳細はこちらから

JAPANTEX公式特別プログラムトークセッション「おもてなしから考えるインテリアデザイン」

町田ひろ子アカデミー主催のトークセッションでは当協会の渋谷会長もパネリストとして参加しました。
定員1000人の大ホールが満員となり、大盛況でした。

  • 写真
  • 写真