ページを閉じる

トレンドシーン2013『インテリアのヒラメキ』

写真:ブース 写真:ブースパネル

インテリアトレンドシーン(3)エコロジカルベーシック Ecological Basic

2人で「家を楽しむ」というライフスタイルをテーマにした展示。環境への配慮、省エネや安全、安心といったキーワードをもとにした暮らし方やインテリアの提案です。

写真:インテリアコーディネーター:三枝 早苗 (さえぐさ さなえ)

インテリアコーディネーター:
三枝 早苗 (さえぐさ さなえ)

千葉県出身 1987年より住友林業株式会社のインテリアコーディネーターとして活動。
2000組以上のエンドユーザーをコーディネート。
2009年より住友林業クレストへ出向。収納セラピストとして、商品開発、企画、企業社員研修を行い、
収納のプロとしてエンドユーザー向け公演は年間100回以上を超える。インテリア・収納のプロとして活躍中。

現在の仕事 : 収納に関するセミナー、企業との収納に関する商品開発・カタログ製作

写真
main theme セカンドステージを楽しむ住処

子育てを終えた夫婦の二人暮らし。
夫婦別室でありながら間にドアはなく、クローゼットを真ん中に置いた、お互いの寝息の聞こえる丁度良い距離感。
くつろぎのリビングと食事をするダイニングの間にキッチンがあります。
キッチンの周りは鏡面に磨き上げられた金属で、床が映り込むとキッチンが宙に浮いているように見え、狭い空間でも広く魅せる効果があります。

写真

展示ブースのプランでは、色のコーディネートが大変でした。スケッチなどで色を落としていき、バランスや調和をみて決めていきました。お客さまに“こんな風にリフォームしたい”と思ってもらえたら嬉しいです。

写真 写真
写真 写真
ココ見て!POINT 素材感

今回のブースは、素材感に注目して見ていただけたらと思います。
床は、2mmの厚さの板を使用したフローリング。淵に滑らかに丸みを付けられ、足触りが心地よくなります。
木目調のドアは、木の持つ美しい明るさや色の変化をグラデーションで表現しています。その他、さまざまな素材を組み合わせています。
また、キッチンのステンレスを磨いて映すことにより狭い部屋を広く魅せる効果があります。

写真 写真 写真 写真
展示までの流れ

事前に決められた内容をもとに、打ち合わせを重ねプランを立てて、設営しました。

事前打ち合わせ風景
写真 写真 写真
前日設営風景
写真 写真 写真
写真

一般の新築と違い、リフォームでは既存の住まいを上手く利用し、取れない梁や等を上手く利用して見せて行くことが大事だと思います。
そのなかで、暮らし方、住まい方をバランスよくコーディネートすることがコーディネーターの仕事と感じます。今回の展示ブースをご覧いただき、このようにリフォームしたいと感じていただけたら嬉しく思います。

page top