こんな部屋に住みたい

「こんな部屋に住みたい」では、ひとつのテーマやエレメントを中心にコーディネートされた、インテリア写真をご紹介します。

照明が印象的なリビングダイニング

照明が印象的なリビングダイニング・2

進化を続けるLEDのあかりと安らぎや温かさを感じるデザインとの融合

今なお記憶に残る1960年代の雰囲気を受け継いだ現代の空間に美しく映えるフォルムと質感。やさしい光が空間を満たし落ち着きの時間を演出する新しい照明のカタチです。どこか愛らしさを感じさせるボール球のフォルム。レトロ感が漂うやわらかな曲線、あたたかみのある色合いは懐かしくも現代の空間に調和し、落ち着いた雰囲気を演出します。

[提供]コイズミ照明(株)

http://www.koizumi-lt.co.jp/index.html

写真:進化を続けるLEDのあかりと安らぎや温かさを感じるデザインとの融合

美しい曲線で仕上がったスクエアフォルムのモダンシーリング

特殊加工によって仕上げたウェンゲ色(ウェンジ、ベンゲとも言う)の木目調枠とウォームシルバー飾りのコンビネーションがモダンなフォルムの中にさりげなくぬくもり感を演出します。

ダイニングを照らすあかりは、上質な厚肉のガラスが印象的。落ち着いたシャンパンゴールドのあかりが、空間に落ち着きとエレガントさをプラス。ほどよいレトロ感がインテリアのアクセントとなります。

[提供]コイズミ照明(株)

http://www.koizumi-lt.co.jp/index.html

写真:美しい曲線で仕上がったスクエアフォルムのモダンシーリング

陶器を透過する、ぬくもりのある光

光を通す陶器「信楽透器」をシェードに採用し、ぬくもりのある灯りを作ることができました。職人が一つ一つ仕上げた、ロクロ焼きの跡が残る手作りならではの温かみのある質感が光ります。浮かび上がる模様は、夕暮れ空のような趣深い空間を演出します。

[提供]コイズミ照明(株)

http://www.koizumi-lt.co.jp/index.html

写真:陶器を透過する、ぬくもりのある光
Page Top