もっとインテリア

“インテリア”をKeyWordに
もっと学ぼう・教えよう・体験しよう・知ろう・楽しもうを
色々な角度から掘り下げて、インテリアの魅力をご紹介いたします。

Interior in the Novel 小説の中のインテリア

「赤毛のアン」にあこがれて

まず第一回目は、誰でも一度は読んだことや聞いたことのある小説『赤毛のアン』をもとに、もっとインテリアを楽しんでみましょう。

空想好きで、活発で、おしゃべりなアンの夢の世界は、
大人になってから読んでも、新たな感動を覚え、
アンの魅力に引き込まれてしまう、不思議なチカラを感じます。
もう一度アンの世界を思い出して、
あなたの部屋のインテリアも変えてみませんか?

ステキ写真でみんなに自慢するのね

アンの世界のインテリア ・・・竹内 久美子IC

KUUデザインオフィス

赤毛のアンはカナダの大自然の中で繰り広げられる物語です。
それに憧れるお嬢さんへ、物語の時代背景にあるビクトリアンテイストを取り入れた
エレガントで夢のあるお部屋を提案いたしました。
この部屋にいる時はあなたが赤毛のアンです。

  • DATA
  • インテリアデザイナー
  • 設計事務所勤務を経てフリーランスとなり、KUUデザインオフィスを設立。
竹内 久美子IC

アンのストーリーを思い出して

物語の舞台は、カナダの花と緑に囲まれた素晴らしい大自然の中のプリンスエドワード島。アンは髪の毛が赤くてそばかすだらけの顔をして緑がかった灰色の目を持つ、やせっぽちな孤児の女の子。ロマンチックで想像力がとっても豊か。美しいものには名前を付けちゃいまいす。
孤児院から引き取られマリラとマシュウに育てられ愛に満ちた生活を送っていました。
アンをはじめ、アンを取り巻く人々の、愛と魅力ある物語に引き込まれてしまいます。

アンの物語をとりまくものを見てみましょう

  • 小説の中のインテリア
  • 『赤毛のアン』にあこがれて
  • アンのストーリーを思い出して
  • アンの物語をとりまくもの
  • 心の中のアンを満たす部屋
  • 心の中のアンを満たす部屋(家具)
  • 心の中のアンを満たす部屋(小物)
Page Top