TRY やってみようインテリア

インテリア小物でイベントを楽しもう

インテリア小物でデコレーションを楽しみたいけれど、雑誌のようにはうまくできないという方も多いようです。
そこで今回は、アクタスの平井清隆先生に、インテリアデコレーションの実践的なコツを教えていただきました。
イベントシーズンに向けて、インテリア小物をもっと楽しんでみませんか?

デコレーションの法則・・・平井清隆(ひらいきよたか)

  • DATA
  • 株式会社アクタス EX事業部(※)
    ※EXとは、EXCLUSIVEの略で、アクタスが代理店を務めるヨーロッパを中心としたインテリアブランドのマーケットへの促進を主として行っています。
  • http://www.actus-interior.com/
平井清隆(ひらいきよたか)

デコレーションの法則・1

デコレーション(飾り付け)のバランスのパターンは、大きく分けて「シンメトリー」、「トライアングル」、「パラレル」、「グリッド」という4つがあります。これらの感覚を身につけられるとインテリアの完成度が格段に上がると思います。

PATTERN 1 シンメトリー

シンメトリーは、左右対称の並べ方です。左右対象はバランスが保たれていて安定感があります。シンメトリーでデコレーションすると、モダンなスタイルに仕上がります。

シンメトリー

【シンメトリー】
左右対称の構成。安定感があり作りやすい。モダンなスタイルに仕上がる。

PATTERN 2 トライアングル

トライアングルは、三角形を作るように物を置く方法です。 まず気に入った小物を集め、次に飾りたいものをある程度色分けしてグルーピングします。

  • 気に入った小物を集める
  • ある程度、色分けしてグルーピング

次にできるだけ、色が近いものから山形を作るように置いて行きます。 真ん中に一番背の高いもの、そのそばに同じ系統の色のものを置いて三角形を作りましょう。

自分の目線から見て三角ができたら、今度は前にまわって、立体感のある三角形を意識して小物を動かします。すると、完成度の高いデコレーションになります。

  • 三角形に配置

    色が近いものから山形を作るように置いて行く。

  • 前に回って整える

    前に回って立体感のある三角形を意識して小物を動かす。

  • 写真:サァラ麻布 トライアングル図解

    【トライアングル】高さの異なる3個以上のアイテムで構成。目安は10:5:3。正面からと上面からの3次元で三角に。リアルなスタイルに仕上がる。

  • トライアングル図解
Page Top