TRY やってみようインテリア

インテリア小物でイベントを楽しもう

デコレーションの法則・2

PATTERN 3 パラレル

パラレルは、同じものを連続して置くというテクニックですが、空間が非常にリズミカルに見えます。同じサイズの違う絵をリピートで置く、テーブルの上で違うビンを連続して置く方法もパラレルの一種です。

パラレル例 パラレル例
パラレル例

【パラレル/リピート】ひとつのパターンを並列、平行に繰り返し配列することで、リズム感を出す。ボリュームや重ねる、逆さにするなど遊びの幅も広く、動きのあるスタイルに仕上がる。

PATTERN 4 グリッド

グリッドは、幾何学的に格子状に物をきちっと置いていく手法で、かなりスタイリッシュにアーティスティックに仕上がります、意外に簡単ですので、ぜひお試しください。

【グリッド】揃えるラインやおさめる枠を決め、格子状(幾何学的)に配置。一定の規則に従って並べることで、まとまりができる。アーティスティックなイメージに仕上がる。

デコレーションの法則は、食器や花器などの小さいものにも応用すると、日常の空間がどんどん素敵になります。
注意すべき点は、デコレーションする人が一定であること、人数は少なければ少ないほいいと思います。同じ空間の中でお父さんがシンメトリー、お母さんがトライアングルで飾り付けると、インテリアは混乱します(笑)。
ご家庭では法則を持って、一人が担当されるのが無難でしょう。まずは自分が満足できるようにやってみる、これが重要ですね。

協力:株式会社アクタス(http://www.actus-interior.com/

Page Top